日本で一番詳しい英語・外国語手法徹底検証サイト

アイディー(IDIY)の特徴と評判をどこよりも詳しく紹介

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アイディー(IDIY)3つの特徴と強み

アイディーは、株式会社ルーティングシステムズが運営するオンライン英文添削サービス。

 

登録メンバー数は2万人を超え、添削実績は170,000件以上にのぼります。

 

24時間、世界中の英語専門家へ格安で英作文添削を依頼

アイディーは、オンライン上で講師から英作文の添削を受けることが出来ます。

 

オンライン英会話サービスはとても多いのですが、「オンライン英作文サービス」となると少なくなりますね。

 

ライティングのスキルを向上させるには最適です。

 

また、価格の安さも魅力の一つ。

 

後述しますが、特に定額制の「添削定期券」を利用すると、30日間毎日添削を受けることが出来ます。

 

1回あたりの料金を換算するとわずか166円〜となり、さほどコストの負担をかけずに、毎日英作文を作る習慣を生み出せます。

 

講師は世界中に点在しており、時差を利用することで、24時間スピーディーに添削対応が行える点も強みです。

 

目的に合わせ、オーダーメイドの添削依頼が可能

アイディーは3つの項目で選択肢が用意され、自分のニーズに合わせた添削を受けられます。

 

3つの項目をそれぞれご紹介いたします。

 

添削元の英作文の選択

添削対象となる英作文は大きく2種類から選ぶことが出来ます。

 

持ち込み英文

元々、チェックを受けたい英文がある場合は、その英文を入稿します。

 

英作文課題

アイディー側で課題を出し、その課題に沿って英作文を作成していく方法です。

 

課題は、さらに下記の中から選べます。

 

・英語日記課題
・和文英訳課題
・日替わり英作文課題
・自由英作文課題

 

添削講師の選択

講師は「英語専門家」「ネイティブ」の2種類から選べます。

 

英語専門家講師

元となる日本語と英作文を同時に入稿することで、原文の日本語の意図に近い形で添削、提案を行ってくれます。

 

自分の想いをしっかり英語で伝えたいときに便利で、解説も日本語で丁寧に説明します。

 

 

ネイティブ講師

ネイティブならではの表現方法を学ぶことが出来ます。また、解説も英語で行われるため、リーディングの学習にもなります。

 

どちらかというと、基礎が固まっている、上級者向けの選択肢といえますね。

 

 

解説有無の選択

添削のフィードバックの際、「学べる添削」「お手軽添削」かを選べます。

 

学べる添削

「添削結果」+「解説」+「質問」がセットになった選択方法。入稿時に3つまで質問をすることが出来ます。

 

「なぜ、そのような添削結果になったのか?」という理由を理解し、じっくり学びたい人向けです。

 

お手軽添削

解説や質問を省き、「添削結果」のみ提示されます。

 

「正しい英作文だけ知れれば良い」という人や、上級者向けですね。

 

講師の負担が減る分、料金は安くなります。

 

講師×添削方法のサービス内容一覧

 

無料メンバーの会員特典が充実

アイディーを利用するには会員登録が必要。もちろん、年会費や入会費はかかりません。

 

そして、会員になると様々な特典を利用することが出来ます。

 

無料ライティングツール

一括辞書引き機能やスペルチェッカー、単語数カウント機能などを使って、スムーズに英作文を作成出来るツール。

 

日常の英作文作成にも役立ちますね。

 

私の場合、辞書引き機能を使い、英文を翻訳する際に使うことが多いです。

 

エッセイコンテスト

毎回テーマが定められ、そのテーマに沿った内容のエッセイを英文で書くコンテストに応募出来ます。

 

ユーザーの投票で順位が決まり、入賞者ではアイディーで使えるポイントがプレゼントされます。

 

テーマの事例としては、「一番印象に残っている卒業式はどのようなものでしたか?」など誰でも書きやすい内容となっています。

 

参加して、簡易審査に通過するだけでも100ポイントがもらえます。

 

クーポンを定期的にプレゼント

よりお得に利用出来る割引クーポンなどが、定期的にメールで配布されます。

 

動画でサービス内容をチェック

 

その他の確認項目

教材名 アイディー(IDIY)
教材種類 オンライン英語添削
提供会社 株式会社ルーティングシステムズ
対象レベル 初級・中級・上級
1日の学習時間目安 本人による
学習期間 随時
対応分野能力 書く

 

アイディーの会員登録はコチラ

料金と支払い方法について

リーズナブルな料金設定が好評のアイディー。その料金体系についてご説明いたします。

 

「ポイント制」と「定額制」の2種類

アイディーは、都度ポイントを消費して利用する「ポイント」と、月額定額制の「定期券」の2つの種類があります。

 

毎日学習したい人は、定期券の方がお得。一方、必要な時にだけ使いたいという人はポイント利用が向いています。

 

「ポイント」によるお支払い

添削対象となる英文の、単語数に応じて料金がかかります。

 

長文になればなるほど、単語数も増え、お金も高くなるというわけですね。

 

また、1単語あたりの単価は、添削内容により異なります。下記の図をご覧ください。

 

1単語あたりの消費ポイント数(1ポイント=税別8.9円が目安)

  持ち込み英文 課題に挑戦
学べる添削(解説あり) 1.5ポイント 1ポイント
お手軽添削(解説なし) 1.2ポイント 0.8ポイント


一番単価が高いのは、解説付きの「学べる添削」の持ち込み英文。一方、一番安いのは、「お手軽添削」の課題英文ということになります。

 

料金の目安

■100単語構成の「課題英文」を、「お手軽添削」で依頼した場合
100(単語)×0.8(ポイント単価)×8.9(1ポイントあたりの料金)=712円(税別)

 

■100単語構成の「持ち込み英文」を、「学べる添削」で依頼した場合
100(単語)×1.5(ポイント単価)×8.9(1ポイントあたりの料金)=1,335円(税別)

 

この他、添削後に質問を行う場合は、1回の質問毎に20ポイント(目安として税別178円)がかかります。

 

料金表(税別)

まとめてポイントを購入することで、単価が安くなり、最大1ポイント8.9円(税別)まで下がります。また、ポイントの有効期限は180日となっています。

 

購入ポイント数

(購入単位:100ポイント)

購入料金 1ポイントあたりの単価
100ポイント以上 1,200円以上 12円
500ポイント以上 5,000円以上 10円
1000ポイント以上 8,900円以上 8.9円

 

定額制「定期券」によるお支払い

購入日から30日間、毎日1回添削を受けられるサービスです。アイディーを毎日利用して、ライティング能力を向上させた人向けとなります。

 

全部で8つのコースに分かれており、添削1回あたりの単価は、最安で166円からとなっています。

 

また、初めて定期券を利用する人を対象に、「返金制度」を設定。「サービスに満足出来ない」と感じた場合は、利用から1週間以内に伝えることで、購入額が返金されます。

 

これは嬉しい配慮ですね。

 

ライト=課題英文
スタンダード=持ち込み英文

 

「お手軽添削定期券」の料金表(税別)

解説がつかないタイプの添削方法です。

  料金(30日間) 添削1日あたりの単価
ライト【単語数50】 4,980円 166円
ライト【単語数100】 8,900円 297円
スタンダード【単語数50】 7,500円 250円
スタンダード【単語数100】 11,900円 397円

 

「学べる添削定期券」の料金表(税別)

解説付きで添削を行います。

  料金(30日間) 添削1日あたりの単価
ライト【単語数50】 6,980円 233円
ライト【単語数100】 12,300円 410円
スタンダード【単語数50】 9,800円 327円
スタンダード【単語数100】 14,980円 499円

 

支払い方法について

支払いは4つの方法から選ぶことが出来ます。24時間いつでも購入が可能です。

 

 

・クレジットカード
・コンビニ
・インターネットバンキング
・郵便局ATM(ペイジー決済)

 

アイディーの会員登録はコチラ

登録から利用までの流れ

アイディーの利用の流れを画像付きでわかりやすくご紹介いたします。

 

ステップ1会員登録
公式サイトの「無料メンバー登録」にアクセスし、必要事項を記入。登録が終わると、マイページが発行されます。

↓↓

ステップ2支払選択
サイトバーより、「IDIYを使う」→「原稿を入稿する」を選択。すると、支払い方法の選択となるので、ポイントか定期券どちらかを選びます。

↓↓

ステップ3入稿設定
「英文の種類」「添削方法」「講師」をそれぞれ選択します。

↓↓

ステップ4講師選択
「指名受付中」になっている講師の中から、添削して欲しい講師を選びます。私は、「お届け目安」が早い人を選ぶようにしています。

↓↓

ステップ5英文を作成後、送信
「原稿を入稿する」という画面が出てくるので、ここに英文を打ち込みます。単語数は、「カウント」ボタンを押すと表示されます。

↓↓

ステップ6講師からの添削が届く
目安時間に講師から添削が送られてきます。

アイディーの評判・感想・体験談の口コミ

良い評判

私は一日いつでも一回添削を行なって貰えるというお得な添削定期券で添削を行なってもらっています。

 

添削結果は最短で一時間ほどで戻ってきたこともあり、いつもワクワクしながら添削結果を待っています。

 

先生もいつもひとつひとつ細かく丁寧に説明してくれ、
とてもわかりやすいです。また、メッセージも励ましてくれたりアドバイスをしてくれたりと一緒に勉強をしてくれている感じがします。
(20代・会社員)※一般サイトより

あまり使えないWeb翻訳に頼るのも難しい時は、素直にプロに見てもらった方が高品質で安心ですよ。無料体験があるので、まずは使ってみてください。
※一般サイトより

章として伝わるか、どこまで正確なのか、というポイントをおさえた添削をしてくれるので、非常に参考になります。

 

もしも続けられれば、大きな力になるのではないかと思います。

 

よかったらチャレンジしてみてください。
※一般サイトより

イマイチな評判

IDIYの講師のレベルはかなり低いです。
事務所の対応もひどいのでお勧めしません。
※一般サイトより

 

実践!管理人がチャレンジしました

アイディーの「英語日記課題」にてチャレンジしてみたのでそのレポートです。

 

「英語日記課題」とは、その日の日記をまずは日本語で書き、その後英作文にして提出します。

 

私の場合、詳しい解説が欲しかったので、「学べる添削」にしました。講師は、日本語の解説が欲しかったので、「英語専門家」です。

 

「24時間以内を目安に回答」の講師を選びましたが、12時間後くらいに回答を頂きました。

 

日本語の原文

今日は外出して、散髪と眼鏡の修理に行きました。

 

散髪は人が多く、待ち時間が長かった。

 

美容院の隣のお店に眼鏡屋さんがあり、修理の依頼をしました。

 

修理は無料サービスということで驚きました。

 

無料にもかかわらず、店員さんの対応はとても丁寧でした。

 

私が提出した英作文

Today I went out and I went for a haircut and glasses repair.

 

There were a lot of people in Beauty salon.so,I waited long time.

 

The glasses store was next to the Beauty salon.I asked for repairing my glasses in the shop.

 

I was surprised that repair is free.

 

In spite of free service,s customer staff was polite correspondence.

 

講師からの添削結果

Today I went out to get a haircut and have my glasses repaired.

 

There were many people waiting at the beauty salon, so I had to wait for a long time.

 

The glasses store was right next to the beauty salon, so I asked them to fix my glasses.

 

I was surprised to find out that they would fix your glasses for free.

 

Although the service was free, the staff was very nice and friendly to me.

 

全体的なメッセージ

初めまして! 講師の○○ です。アイディーのご利用ありがとうございます。

 

構造もしっかりしていますし、文法もとてもよく学ばれている印象を受けました。 散髪をされて、さっぱりしたうえ、メガネも直してもらってよかったですね。

 

この調子で頑張ってくださいね。応援しています!

 

各文章で頂いたアドバイス

 

【提出文】Today I went out and I went for a haircut and glasses repair.
【添削文】Today I went out to get a haircut and have my glasses repaired.

1)大変良く書けています。

 

2)散髪とめがね修理のために外出した、の表現にして I went out to ... のように不定詞を続けると自然になります。

 

3)get a haircut が散髪をするになります。

 

4)めがねを修理してもらう、ですと have/get my glasses repaired/fixed が使えます。

 

【提出文】There were a lot of people in Beauty salon.so,I waited long time.
【添削文】There were many people waiting at the beauty salon, so I had to wait for a long time.

1)この文章も良く書けています。

 

2)美容院は小文字で the beauty salon で大丈夫です。

 

3)たくさんの人が待っていた、ですと there were many people waiting at the beauty salon で伝わります。

 

4)待ち時間が長かった、の表現は have to が「〜しないといけない」ですので、これを過去形にして I had to wait for a long time で伝わります。「長時間」の表現は for a long time で 不定冠詞 a が入ります。

 

【提出文】The glasses store was next to the Beauty salon.I asked for repairing my glasses in the shop.
【添削文】The glasses store was right next to the beauty salon, so I asked them to fix my glasses.

1)最初から眼鏡屋さんに行くつもりで、「その眼鏡屋さんは美容院の隣だった」と言う意味でしたら定冠詞を使って the glasses store was next to the beauty salon が伝わります。また、たまたま美容院に行ったら、隣が眼鏡屋さんだった、と言う場合は There was a glasses store next to the beauty salon の表現になります。right next to を使うと、すぐ隣、のニュアンスが伝わります。

 

2)眼鏡屋さんは、 a glasses store または an optician の表現もあります。

 

3)メガネを直してくれるよう頼んだ、の表現は I asked them to fix my glasses の表現が可能です。この them はお店の人のことです。このような場合特に people working at the store といわなくても伝わります。

 

【提出文】I was surprised that repair is free.
【添削文】I was surprised to find out that they would fix your glasses for free.

1)「〜と言うことが判って驚いた」の表現は I was surprised that ...でも伝わりますし、find out をつかって、 I was surprised to find out that ...の表現も可能です。

 

2)repair と言う単語は名詞で glasses repair のように使いますが、このように文章にする時には動詞で使って、 they would repair your glasses for free のように使うと自然になります。 repair の代わりに fix を使うことも出来ます。 fix の方がよりカジュアルになります。

 

3)「無料で何かをしてくれる」の表現は for free になります。

 

【提出文】In spite of free service,s customer staff was polite correspondence.
【添削文】Although the service was free, the staff was very nice and friendly to me.

1)in spite of the free service の表現にするとより自然になります。または、節にして、 although the service was free または although they offered the service for free の表現も可能です。

 

2)ここの「応対」はそのまま英訳せずに、「店員さんたちは私にとても丁寧だった」の表現で伝わりますので、 the staff was very polite to me または the staff was very nice and friendly to me の表現も自然になります。もし、客観的にみて、とても丁寧だった場合は to me の代わりに to their customers で伝わります。

 

利用してみた感想

まず、褒められるととてもモチベーションが上がります。英作文の作成は孤独な作業でもあるので、このように褒められると単純に嬉しいですね。

 

また、1文1文しっかりと解説をしていただき、「このような表現の方が伝わるのか」「こんな表現方法もあるのか」などたくさんの気付きを得ることができました。

 

とても丁寧な解説であり、含蓄を含んでいて、わかりやすいです。

 

引き続き利用して、講師の方が驚くほどの良文を作ってみたいと感じました。

 

アイディーを利用してみる

【まとめ】アイディーの評価と「こんな人におススメ」

スピーキングのオンライン講座は数多く存在していますが、ライティングの講座はきわめて少ないです。

 

人によっては、ライティング能力の向上を図ろうとしている人もいるわけで、そのような人にとって大変便利なサービスといえます。

 

一番良い使い方としては、定期券を購入し、毎日英作文を作り、添削を受けること。そして、1ヶ月だけではなく半年以上は続けて頂きたいです。

 

実施してみてちょっと残念なのは添削結果が届くのが、早くても24時間はかかること。平均で数日後といった具合です。

 

講師の都合によるのでしょうが、せっかく24時間体制を敷いているので、もう少し早めにフィードバックを受けたいなという想いがあります。

 

とはいえ、私の場合は入稿後、12時間以内に添削を頂きました。

 

また、「学べる添削」で頂く解説、はそのデメリットを補うのに十分なほどの丁寧さです。解説を見る限り、ある程度時間がかかるのは仕方のないことかもしれません。

 

プリントアウトすることで、自分だけの参考書にもなります。

 

より自分の想いを英語で表現出来るようになるでしょうね。

 

こんな人におススメ!

・ライティングスキルを身につけたい人
・コストをあまりかけず、毎日英作文の学習をしたい人
・いろいろな英語表現をしりたい人

 

公式サイトへのリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

英語のアイランドおすすめ英語学習はこの3つ!

「メソッドの効果」「口コミ・評判」「体験談」「コストパフォーマンス」からランキング付けしています。あなたに最適な学習方法をご利用ください。
ゼロからの英語やり直し教室NewBeginning 達人による渾身のメール通信講座

ゼロからの英語やり直し教室NewBeginningのLP

【業態】英語学習通信講座
【料金目安】19,800円(全52回)
【対象レベル】初級・中級

 

・TOEICで満点を取った鈴木拓氏による指導で25,300名が受講
・伸び悩みの原因となる「本当の基礎から順番にやる」メソッド
・不明点は質問が可能。ネイティブ音声も付く

>>>詳細ページへ<<<   
>>>公式サイトへ<<<
Hapa(ハパ)英会話 日本人2800人を教えたLA超人気校のメソッド
Hapa(ハパ)英会話のLP 【業態】トラベル英会話学習用DVD+CD教材
【料金目安】14,800円※多数特典あり
【対象レベル】初級・中級

 

・LAにある人気英語学校の3ステップロールプレイ学習法を採用
和英と英和を効率よく使い分け最速で英語が話せるのを目指す
・教材を使用しても話せない場合は90日以内に教材代金を全額返金

>>>詳細ページへ<<<   
>>>公式サイトへ<<<
DMEメソッド カランメソッドの進化版「DMEメソッド」を導入
DMEメソッドのLP 【業態】オンライン英会話
【料金目安】1レッスンあたり447円〜
【対象レベル】初級・中級・上級

 

・世界19カ国409校が導入しているDMEメソッドを受けられる
・安定したレッスンを提供する最新設備の環境で24時間受講可能
・レッスンの度にえらべる10つのクラス。柔軟なカリキュラム構成

>>>詳細ページへ<<<  
>>>公式サイトへ<<<