DMEメソッドが学べるイングリッシュベルの評判や口コミなどを徹底紹介します。

イングリッシュベル(DMEメソッド)の特徴と評判をどこよりも詳しく紹介

イングリッシュベル3つの特徴と強み

イングリッシュベルは、フィリピンにあるAccess e-talk plus Incが手掛けているオンライン英会話サービスです。

 

日本初!「DMEメソッド」で学べるオンライン英会話スクール

イングリッシュベル最大の特徴は、DMEメソッドで英語学習が出来るという点。

 

「DMEメソッド」のDMEとは、「Direct Method for English」の略。1800年代後半にドイツやフランスで「ベルリンメソッド」として使用され始めた直接教授法という手法がベースになっています。

 

2007年に、この「直接教授法」を「DMEメソッド」に昇華させ、現在は世界30か国500以上の学校で採用されています。

 

この普及スピードは、従来の学習法にはない速さとなっています。

 

DMEメソッドの採用率

 

DMEメソッドは3〜4年に一度のペースで新しいエディションに進化。常にタイムリーな新鮮な話題を元に学習することが出来るのも特徴です。

 

そして日本で最初にDMEメソッドを導入したオンライン英会話スクールがイングリッシュベルなのです。

 

「DMEメソッド」の学習法とは?

具体的なレッスン方法は後述しますが、概要を先にお伝えすると、「先生の質問に対して、答えることを繰り返す」というとてもシンプルなメソッド。

 

これは子供が母国語を自然に習得する過程をモデルにした学習法となっており、レッスンはすべて英語で行われます。

 

DMEメソッドの仕組み

 

正しい文章を聴き繰り返し音読することで、脳の「調音器官」が鍛えられ、脳全体が活性化して、「英語脳」になるという仕組み。

 

脳の仕組みに基づいた学習法ということで、とても合理的ですね。

 

目的に合わせて13つの学習カリキュラムを用意

イングリッシュベルでは、13のクラスを用意しており、レッスンを受ける度にクラスを選ぶことが出来ます。

 

お伝えしたDMEメソッドだけでも5つのクラスがありますが、他にも発音やビジネス英会話などのクラスがあります。

 

ニーズに合わせて、都度レッスン内容を選べるというのが良いですね。

 

学習カリキュラム一覧

初めて英会話クラス ABCから始められ、絵を見ながら英語の学習が出来る
日常英会話クラス 会話を主体にしたレッスン。日常生活で使用される英会話
発音クラス アクセント、イントネーションを学び、確実に伝わる正しい発音を学ぶ
TOEICクラス リスニングパートを強化し、スコアアップを目指す
ビジネス英会話クラス 仕事に役立つ英会話の学習
CNNクラス 世界のニュースを取り上げ、時事英語を理解する
フリートーク 自由なトピックで英語で会話をする
カランメソッド イギリス生まれの英会話メソッド。4倍のスピードで学べる
DMEメソッド DMEメソッドのメインクラス
DMEキッズ 子供や初心者向けクラス
DMEアドバンスド DMEメソッドの上級者向けクラス
DMEティーンズ DMEメソッドで文法を重視したクラス
DMEビジネス DMEメソッドでビジネスパーソン向け

 

オンライン英会話スクールとして日本初の 「ISO9001認証」を取得

ISO9001認証を取得

 

イングリッシュベルは、品質管理・品質保証の国際規格である「 ISO9001」に認定されています。

 

オンライン英会話スクールとして日本で初めてであり、国際基準からみて、高品質なサービスを提供している証となっています。

 

その裏付けとなる設備環境としては、次のような特徴が挙げられます。

 

・最新設備の整ったオフィス(オペレーションセンター)からのレッスン
・2社のインターネットプロバイダーと契約し、2回線の光ファイバー専用線を利用
・各講師のPC毎に小型の無停電装置を配置
・ヘッドセットは高品質のノイズキャンセリング機能が備わっている

 

このように、快適なネット環境でクリアな音質でレッスンを受けることが出来るのです。

 

その他の確認項目

学校名 イングリッシュベル
運営会社 Access e-talk plus Inc

※日本代理店はふた鶴合資会社

スクール開校日 2008年06月
講師人数 93人(フィリピン人講師の他、アメリカ人講師1名)※2017年3月時点
レッスン時間 25分
レッスンの時間帯 24時間

※フィリピンの休日は休み

レッスン予約 15分前まで予約可能
キャンセル料 6時間前までキャンセル可能。それ以降は消化扱い
教材費 別途必要
キャンペーン情報 無料体験レッスン(2回)
試験対策 TOEIC
ビジネス専門コース あり
子供の受講 可能(DME Kidsクラスあり)
その他取扱言語 なし

 

イングリッシュベルの無料体験レッスンはコチラ

DMEメソッドのレッスン内容について

DMEメソッドクラスの具体的なレッスン方法をご紹介いたします。

 

5つの基本ルール

DMEメソッドクラスのルール

 

レッスンを受ける際には、次の5つのルールがあり、このルールを守って進行していきます。

 

・講師が2回質問を繰り返すのでそれに答える
・先生の発音・アクセントを真似て口に出す
・会話は常に短縮形(例:I am = Im)を使う
・指示がなければテキストを見ずに、会話に集中する
・ステージ1から行うと効果的

 

レッスンの学習内容

レッスン時間は1回25分。次の内容のレッスンを行います。

 

●スピーキング&リスニング
講師の質問に回答していくシンプルなレッスンを繰り返していくのがメインの内容です。

 

●レビュー(復習)
最初は前回の復習から入ります。また、各ステージと4ステージ毎の終わりにも総復習があります。

 

●グラマーエクササイズ
各ステージにつき3〜5のグラマーエクササイズ。講師の指示に従い回答していきます。

 

●コミュニケーションエクササイズ
生徒から講師に質問をしていくパートもあります。質問を行うことでのスピーキング力強化も図ります。

 

●リーディング&ディクテーション
レッスン中に度々登場。リーディングは発音やアクセントのチェック、ディクテーションはリスニングとスペリングの強化が目的です。

 

●EXAM(テスト)
各ステージの最後に実施。対象ステージで学んだボキャブラリーや文法、ディクテーションが組み込まれており、復習になります。

 

レッスンの内容を動画で確認する

 

イングリッシュベルでDMEメソッドを体験してみる

DMEメソッドとカランメソッドの違い

メジャーな英語学習メソッドのひとつに、カランメソッドがあります。

 

実は「カランメソッド」も「DMEメソッド」と同じ、ダイレクトメソッド(直接教授法)をベースにしています。

 

カランメソッドは、1960年代にイタリアのベルリッツスクールで働いていたMr.カランによって、構築されたメソッド。

 

そしてお伝えしたように、DMEメソッドは2007年に誕生しました。DMEメソッドは、現代版カランメソッドとも呼ばれているのです。

 

ここで「DMEメソッド」と「カランメソッド」の違いについて改めてまとめてみます。

 

「DMEメソッド」の特徴

・3〜4年毎にアップデートし、最新の英語表現や文章内容で学べる
・グラマー(文法)にも重点を置き、しっかり学べる
・ビギナーにも受け入れやすく、ゆっくりと難易度が上がる
・リーディング、ディクテーション、グラマーなど総合的な英語力を身につけられる
・レベルな目的によってレッスン内容が選べる

 

「カランメソッド」の特徴

・4倍の速さで英語を習得出来る
・ネイティブスピードへの順応
・英語で考え、英語で話す英語脳を構築する
・反復練習を繰り返す
・英単語や熟語、文章表現を学んでいく

 

元々は同じメソッドをベースにしているため、実際のレッスン内容に大きな違いはありません。また、カランメソッドも2012年にエディションが改訂され、古い表現は修正されています。

 

そのような状況の中、一番の違いとされているのが、「取り組みやすさ」になります。

 

徐々に難易度を上げていくDMEメソッドに対し、カランメソッドは最初からネイティブスピードでガンガン進行していきます。

 

そのため、「カランメソッド」は最初から戸惑ってしまい、あまりのスパルタぶりに挫折してしまう人がいるかもしれません。一方で最初からやる気に満ちている人にとっては、厳しいレッスン内容は快感かもしれませんね。

 

一方、「DMEメソッド」は導入がマイルドなため、万人に受けられやすいカリキュラムとなっています。

 

どちらが良い悪いということはないので、自分のニーズにあわせてうまく使い分けてみてください。

 

イングリッシュベルの無料体験レッスンはコチラ

料金とコースについて

イングリッシュベルには5つのメインプランに加え、2つの特別プランがあります。

 

一番安い単価でも1レッスン385円(税別)と、他社に比べて決して安くはありません。

 

これはイングリッシュベルの「講師に安定した給与を支払うことで質の高いレッスンを提供する」という経営方針を反映させているためです。

 

とはいえ通学生スクールに比べたらはるかに安い金額なので、この金額でレッスンの質が担保されるのなら問題ないレベルという印象です。

 

イングリッシュベルの仕組み

 

メインプラン料金体系(税別)

1ヶ月に購入できるプラン数に制限はなく、1日最大20レッスンまで受けることが出来ます。

 

プラン レッスン料 1回分のレッスン料 レッスン時間 有効期限
月5回プラン 3,900円 780円 25分 40日間
月10回プラン 6,400円 640円 25分 40日間
月20回プラン 9,800円 490円 25分 40日間
デイタイム月40回プラン 15,400円 385円 25分 40日間
いつでも月40回プラン 17,900円 477円 25分 40日間

 

家族レッスン料金体系(税別)

購入したレッスン回数を家族で共有出来るプランです。

 

プラン レッスン料 1回分のレッスン料 レッスン時間 有効期限
5回プラン 3,900円 780円 25分 30日間
10回プラン 6,400円 640円 25分 30日間
20回プラン 9,800円 490円 25分 30日間
40回プラン 17,900円 448円 25分 30日間
60回プラン 26,400円 440円 25分 30日間
80回プラン 33,600円 420円 25分 30日間
100回プラン 40,000円 400円 25分 30日間

 

法人レッスン料金体系(税別)

購入したレッスン回数を社員で共有出来るプランです。

 

プラン レッスン料 1回分のレッスン料 レッスン時間 有効期限
60回プラン 26,400円 440円 25分 30日間
80回プラン 33,600円 420円 25分 30日間
100回プラン 40,000円 400円 25分 30日間

 

まずは無料体験レッスンを受けてみる

講師について

イングリッシュベルの先生は、ISO基準の品質管理の元、レッスンスキルを高めています。

 

とくに採用後の研修や教育を重視。オンラインデビュー後も、再評価・再研修を繰り返し、クオリティをコントロールしていきます。

 

イングリッシュベルの講師採用プロセス

 

常に評価を繰り返して品質を高めていく仕組みは、他社ではなかなかない姿勢といえますね。

 

ISO基準のレッスンを体験してみる

教材(テキスト)について

イングリッシュベルのDMEメソッドを使ったレッスンにおいて、テキストの購入は必須ではありません。

 

また、レッスン中基本的には、テキストを見ることはありませんが、レッスン途中で登場する文法レッスン、リーディングレッスンの際に使います。

 

そのため、お金に余裕のある方は予習・復習時の利用もかねてテキストを購入しておいた方が良いでしょう。

 

テキストはオーディオCDも付いており、イングリッシュベルで購入出来ます。

 

DME 3rd Edition Book

イングリッシュベルのCD教材

 

スタンダートなテキスト。2014年より使用開始されたサードエディションです。

 

Book1からBook9まであり、Book7〜9はDME Advanced(上級者向け)の内容になっています。

 

1冊3,240円で、AudioCDがセットになっています。

 

DME Teens Book

イングリッシュベルのテキスト

 

学生はもちろん、文法を強化したい大人の人にも向いています。多岐にわたったトピックを取り扱います。

 

Book1からBook6まであり、1冊3,780円。Work bookとAudioCDがセットになっています。

 

DME Kids Book

イングリッシュベルの学生向けテキスト

 

英会話に自信のない大人にも初心者向けとして使えます。英検準2級レベルに到達します。

 

Book1からBook6まであり、1冊3,240円。AudioCDがセットになっています。

 

DME Elementary

イングリッシュベルの子ども向けテキスト

 

お子様専用のテキスト。絵を描いたり色を塗ったりといったアクティビティもあり、楽しく学べます。

 

Book1からBook6まであり、1冊3,240円。AudioCDがセットになっています。

 

DME Business Book・Get down to Business

イングリッシュベルのビジネス向けテキスト

 

分野別にビジネスを学習。DMEの全てのステージを終了している方が購入できます。

 

DME Business BookはBook1からBook4まであり、1冊3,024円。

 

Get down to Businessは3,564円。AudioCDが付いています。

 

イングリッシュベルの公式ホームページはコチラ

イングリッシュベルの評判・感想・体験談の口コミ

良い評判

以前、イングリッシュベルで勉強していましたが、他のオンラインスクールに行き、また戻ってきました。

 

24時間体制のスクールに変わって、予約が取りやすくなりました。

 

他のスクールより値段は高いですが、他のオンラインスクールに比べて先生が熱心ですし、教材を理解して指導してくださいます。回線が安定しているので、通信トラブルは一度もありません。

 

また、先生がレッスン中に他ごとをしていて、生徒の言うことを聞いていないということはありません。

 

どの先生も今のところ素晴らしい先生ばかりです。
※一般サイトより

この学校オリジナルのDMEコースを取っています。内容はカランとほとんど変わらないようですがDMEだとテキストとCDを購入できます。授業がもうすこし難しくなったときに復習がしやすいのがいいと思って選びました。

 

先生は英会話教師歴の長い、質の高い先生もたくさんいますし、学生もいます。学生でも日本人の英会話中級程度までの指導ならまず問題はないでしょう。

 

まったくレッスンが取れないことはないですが、人気の先生の場合は希望の時間帯で予約が取れるのは数日先ということはあります。通信は安定していますし、早朝も予約できるので満足しています
※一般サイトより

効果あると思います。あれだけの英語を質問され続ければ、とっさに何でもいいから何か英語がでてくるようになること、考えずに自然に英語が次から次へとでてくるようになったと思います。集中力もつき、50分があっという間に過ぎてしまい、普通のオンライン英会話に比べて、話す機会は断然多いので、訓練になります。単語の定着もしやすいです。
※一般サイトより

うちの9歳の娘がイングリッシュベルの子供英会話コース「Direct Kidsコース」を週2回(月10回プラン)で受講しています。

 

小学校でも英語の授業が始まるということもあり、事前に少しでも英語を学ばせられたらいいだろうということで、英会話スクールを探していました。スクール選びには娘の同級生の家族に相談しましたら、ここを紹介してもらいました。

 

紹介者の話では、イングリッシュベルではDMEという新しい学習方法で英語を学べるため、効率がよく学習できて、英語の上達が早いと聞いていました。ただし、子供によってDMEメソッドに合う合わないがあるので、続かないようであれば別のスクールにした方が良いという忠告も頂きました。

 

今月で、ちょうど入会から半年経ちましたが、先生が明るくて楽しいと、今のところ娘も頑張って続けています。楽しそうに学べているのでDMEに向いているのかなぁーと勝手に一安心しております。
(30代)※一般サイトより

何校かでレッスンを受けて最終的にイングリッシュベルともう一校の掛け持ちに落ち着きました。

 

レッスンが良くなかった先生は次から取らなければいいだけなので、スクール全体の先生のレベルではなく、自分に合った先生が見つかるかどうかで決めました。イングリッシュベルは自分なりの評価でダントツにいい先生が見つかったことが決め手になりました。ただ、他の生徒さんも同じようにいい先生だと評価しているのか、結局はかなり聞き取りにくい先生が自分にとってもいい先生でした。

 

皆さんの参考になればと思いますが、体験レッスンでは可能なら、予約いっぱい入っている先生を何とか予約して体験してみることがスクール選びのひとつの方法だと思います。
(40代)※一般サイトより

 

イマイチな評判

イングリッシュベルでDMEの授業を受けています。DMEはカランメソッドの現代版でカランメソッド内の古い言い回しなどを現代風にアレンジしたものです。レッスンは次から次へと講師からの質問に答えていくので、かなりスピード感があるレッスンになります。

 

慣れるまで若干大変ですが、慣れると楽しいですよ。レッスンはあまり深く考えずに、先生の質問に対してはすぐ答えるトレーニング(英語脳トレーニング)を目的にしているようです。私の場合は、レッスン前にテキストで軽く予習しています。

 

イングリッシュベルですが、講師の質に斑がありますね。良い講師がもちろん多数ですが、中には適当な態度をとる講師がいるので、こちらもイラつくことがあります。あと予約しやすさですが、最近、狙った時間に予約が取りにくくなってきてます。講師も増員してるようですが、質の悪い講師がこれ以上増えないことを望みます。
(30代)※一般サイトより

やや費用が高いです。また人気の先生は1週間前から予約を取っておかないと中々予約が取れません。最初相性の良い先生を見つけるまでは大変かと思います。
(30代前半)※一般サイトより

無料体験レッスンについて

イングリッシュベルでは、正式入会前に、2回分の無料体験レッスンを受けることが出来ます。

 

1回目はレベルテスト、2回目は好きなクラスを受講します。

 

実施にはスカイプの導入が必要なので、事前にスカイプをインストールするようにしてください。

 

イングリッシュベルの無料体験レッスン

 

イングリッシュベルの無料体験レッスンはコチラ

【まとめ】評価と「こんな人におススメ」

脳の仕組みに基づいて開発された「DMEメソッド」。理屈ではなく、身体で覚えるといった感じで、母国語をいつの間にか覚えている感覚に似ています。

 

その分、徹底して繰り返す必要がありますが、口コミをチェックすると、その効果を実感されている方も多いのです。

 

設備環境も整っており、音質はクリア。本気で英語を習得したいと考えている人にとっては申し分ないでしょう。

 

弱点としては、他のオンライン英会話サービスより少し1回あたりのレッスン料が高いこと(とはいえ、数百円程度ですが)、人気のある講師は予約が取りずらいことです。

 

今までの学習法で効果が見られなかった人におすすめです。

 

こんな人におススメ!

・世界中で導入されているDMEメソッドで英語を学びたい人
・高品質の環境でストレスなく学習したい人
・「英語脳」を育てたい人

 

公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

英語のアイランドおすすめ英語学習はこの3つ!

「メソッドの効果」「口コミ・評判」「体験談」「コストパフォーマンス」からランキング付けしています。あなたに最適な学習方法をご利用ください。
ゼロからの英語やり直し教室NewBeginning 達人による渾身のメール通信講座

ゼロからの英語やり直し教室NewBeginningのLP

【業態】英語学習通信講座
【料金目安】19,800円(全52回)
【対象レベル】初級・中級

 

・TOEICで満点を取った鈴木拓氏による指導で25,300名が受講
・伸び悩みの原因となる「本当の基礎から順番にやる」メソッド
・不明点は質問が可能。ネイティブ音声も付く

>>>詳細ページへ<<<   
>>>公式サイトへ<<<
Hapa(ハパ)英会話 日本人2800人を教えたLA超人気校のメソッド
Hapa(ハパ)英会話のLP 【業態】トラベル英会話学習用DVD+CD教材
【料金目安】14,800円※多数特典あり
【対象レベル】初級・中級

 

・LAにある人気英語学校の3ステップロールプレイ学習法を採用
和英と英和を効率よく使い分け最速で英語が話せるのを目指す
・教材を使用しても話せない場合は90日以内に教材代金を全額返金

>>>詳細ページへ<<<   
>>>公式サイトへ<<<
DMEメソッド カランメソッドの進化版「DMEメソッド」を導入
DMEメソッドのLP 【業態】オンライン英会話
【料金目安】1レッスンあたり447円〜
【対象レベル】初級・中級・上級

 

・世界19カ国409校が導入しているDMEメソッドを受けられる
・安定したレッスンを提供する最新設備の環境で24時間受講可能
・レッスンの度にえらべる10つのクラス。柔軟なカリキュラム構成

>>>詳細ページへ<<<  
>>>公式サイトへ<<<